HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【SMACフォーラム】薬剤師、相談すれば高評価‐患者は多くの方法で情報収集

2018年3月8日 (木)

渡辺氏がアンケート調査報告

 セルフメディケーション推進協議会(SMAC)の学術フォーラム2018が4日、都内で開かれた。シンポジウムで基調講演した渡辺幸康氏(のがたクリニック院長)は、同クリニックの患者を対象にしたセルフメディケーションに関するアンケート調査をもとに、体調不良時に薬局に相談に行く患者は少ないが、相談した患者の評価が高いことから、セルフメディケーションの啓発に今後薬剤師の役割が重要になってくるとした。

 アンケート調査は、昨年12月から今年1月までの間、セルフメディケーションの実態を調べるために、同クリニックの通院患者50人(男性25人、女性24人、不明1人)に対して実施した。職業は学生2人、会社員19人、専業主婦9人、退職無職9人、自営業6人、その他5人だった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録