【新製品】静脈可視装置を販売‐針を刺す前に血管を確認 テルモ

2018年4月4日 (水)

 テルモは、静脈可視装置「ペインビュア」を全国の医療機関向けに販売開始した。2018年度に約50台の販売を目指す。

 静脈可視装置は、近赤外線を用いて静脈の太さや血管走行を可視化する装置。注射や採血に針を刺す際に用いられ、血管の細い人や針を刺す前の血管確認や、針を刺した後に薬剤が血管に流れている様子の目視に使用する。

 ペインビュアは、深さ10ミリまでの静脈を皮膚に投映し、標準モードに加え、高精度モード、反転モードなど5種類の投映モードを標準搭載し、状況に応じた見やすさを目指した。臨床現場での使いやすさにも配慮し、充電式バッテリーを採用している。テルモでは、輸液セットや輸液ポンプ、注射器、留置針、輸液剤など薬剤投与に関する製品を幅広く展開しており、製品の導入で、医療現場の安全性と効率性を高める。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録