HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

1人当たりの研究開発費、首位は第一三共の1.6億円

2018年4月5日 (木)

武田はわずか8169万円

 製薬28社を対象に、2016年度の研究開発要員1人当たりの研究開発費を分析したところ、第一三共が1億6196億円と最大となったことが、調査会社「TPCマーケティングリサーチ」が行った調査結果で明らかになった(表参照)。2位以下は、アステラス製薬、大塚製薬、エーザイが1億円以上と続いた。最大手の武田薬品は8169万円と、小野薬品や中外製薬よりも少なく、第一三共のおよそ半分の規模となった。1人当たりの研究開発費が前年度より上回った国内企業は19社中13社と多かったが、製薬大手は総じて減少した。後期開発パイプラインを多く抱える外資系企業は9社中7社が前年度を上回った。

 2016年度の各製薬企業の平均研究開発費では、前年度から21億4000万円減少し、598億8000万円となった。塩野義製薬と小野薬品が100億円を超える増加となった一方、研究開発分野の絞り込みやグローバルでの拠点整理を進める武田薬品が大幅減となった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録