HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【医薬品第二部会】肺癌維持療法で「イミフィンジ」‐新薬等3件を審議・了承

2018年5月2日 (水)

 薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会は4月25日、アストラゼネカの抗PD-L1抗体「イミフィンジ」など3件の承認を審議し、了承した。

審議品目

 ▽イミフィンジ点滴静注120mg、同500mg(アストラゼネカ):新有効成分のデュルバルマブ(遺伝子組み換え)を含有し、「切除不能な局所進行の非小細胞肺癌における根治的化学放射線療法後の維持療法」を効能・効果とする。

 免疫チェックポイント阻害剤で非小細胞肺癌の適応を持つオプジーボ、キイトルーダ、テセントリクは、切除不能な進行・再発のケースに用いるが、同剤は位置づけが異なり、白金系抗癌剤を用いた化学放射線療法後に疾患進行が認められなかった非小細胞肺癌患者の「維持療法」として用いる。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録