HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

チーム医療下の情報提供‐日本CSO協会・阿部会長に聞く

2018年5月14日 (月)

CSOがMRを補完‐「地域医療連携のハブになる」

 日本CSO協会の阿部安孝会長(アポプラスステーション社長)は、本紙のインタビューに応じ、MR総数減少時代において、自社製品を持たない医薬品販売業務委託機関(CSO)だからこそできる役割に言及。製薬企業がコントラクトMR(派遣MR:CMR)を柔軟に活用する中、「CSOが地域医療連携のハブになっていただきたいと医療従事者からも言っていただいている。地域のハブとしての役割を明確にした上で、製薬企業が特定のエリアにCSOを活用する時代になれば、CMRの職能がさらに広がるのではないか」との考えを示した。また、MRの派遣業務のみならず、薬剤師や看護師など複数の医療人材を活用し、総合的に医療での問題解決を図るような新たなアプローチも模索していく必要性も示した。

 MR総数が3年連続で減少し、CMR数も2017年にマイナスとなった。医療現場で問われているのは、医薬品の情報提供の質であり、MRを介さずにインターネット経由で情報を届けるeディテーリングの台頭もあり、MR活動は大きく変化している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録