HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【ツムラ】大建中湯の米国開発、POIの適応症に集中‐加藤社長

2018年5月21日 (月)

 ツムラの加藤照和社長は、11日に都内で会見を行い、大建中湯(開発コード:TU-100)の米国開発について、対象疾患を「術後イレウス(POI)」に絞り込むと発表し、「日本の専門医と統計解析の専門家によるアドバイザリーチームを形成し、共同で戦略と試験計画の立案をしていくと同時に、米国の専門医によるアドバイザリーチームも形成して開発を計画する」と意欲を示した。

 大建中湯の米国開発をめぐっては2015年に、米FDAとの間で、ツムラが提案した大建中湯の品質評価方法で合意。米FDAの審査で前例がない多成分の経口複合製剤という形で、過敏性腸症候群(IBS)、クローン病、POIを対象に臨床試験を実施してきた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録