【新製品】「トレムフィア皮下注」上市‐国内初の抗IL-23p19抗体 大鵬薬品

2018年5月28日 (月)

 大鵬薬品は、ヒト型抗インターロイキン-23p19抗体の乾癬治療剤「トレムフィア皮下注100mgシリンジ」(一般名:グセルクマブ)を新発売した。大鵬薬品が販売、大鵬とヤンセンファーマが共同販促を行う。

 トレムフィアは、国内初のIL-23のサブユニット蛋白質であるp19を特異的に阻害するモノクローナル抗体。乾癬の特徴となる表皮細胞の異常増殖には、ヘルパーT細胞17(Th17)が大きく関与していると考えられており、Th17の分化や増殖、その維持にはサイトカインのIL-23が重要な因子となっている。トレムフィアは、IL-23のp19サブユニットに結合することによって、IL-23の活性を特異的に阻害し、IL-23の下流にあるTh17へのシグナル伝達を抑制する。3月に既存治療で効果不十分な尋常性乾癬、関節症性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症の適応で承認を取得している。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録