HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【経産省が見解】処方薬自動受け取り、対面服薬指導後なら可‐開局時間外の受渡しなど想定

2018年6月6日 (水)

 経済産業省は、薬局事業者が患者の待ち時間を短縮する目的で、薬局で対面で患者に服薬指導をした後に、調剤した薬剤を自動搬入・払出装置に保管し、患者本人が取り出し口から薬剤を受け取れるようにするといったサービスを提供しても、管理者の義務を規定した「薬機法」第8条に抵触しないとの見解を示した。

 経産省では、企業が実施する事業が規制の対象になるのかどうかなどについて、事業者が照会することができる「グレーゾーン解消制度」を運用しており、ある事業者が、同制度を使って、事業者に対する規制の適用の有無について、政府に照会したことを受け、同省が見解を示した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録