HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【エーザイ】認知症創薬の研究所新設‐アンドーバーは閉鎖し60人退職

2018年6月15日 (金)

 エーザイは、米マサチューセッツ州ケンブリッジに、認知症神経免疫療法(イムノディメンシア)に特化した探索研究所「G2D2」を新設し、同じくマサチューセッツ州にあるアンドーバー研究所を閉鎖すると発表した。アンドーバーの研究員130人のうち、約70人がG2D2に異動し、2019年6月までに新たに稼働する予定。残りの約60人は退職する。アミロイドベータ(Aβ)、タウに続く、認知症の新たな創薬標的のアプローチに取り組み、イムノディメンシアで見出された化合物で20年までに臨床試験の実施を目指す。

 アンドーバー研究所は87年に設立。グローバル主力製品となっている抗癌剤「ハラヴェン」を見出すなど自社創薬に貢献してきたが、認知症創薬の強化を目的に、イムノディメンシアに研究領域を絞り込んだG2D2の新設に至った。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録