HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【CSLベーリング】21年売上400億円を目標‐毎年二桁成長に自信

2018年6月18日 (月)

CIDP領域に参入計画

モランジュ社長

モランジュ社長

 血漿分画製剤のスペシャリティファーマ「CSLベーリング」のジャン・マルク モランジュ社長は14日、都内で記者会見し、2021年6月末に売上高400億円の目標に向け、「毎年二桁成長を続けることで達成できる」と自信を示した。主に血友病治療薬などで18年6月末時点で3年連続二桁成長を達成する見込みだが、来年には新薬の投入や適応追加で慢性炎症性脱髄性多発根神経炎(CIDP)領域に参入を果たす。

 同社の昨年度売上は、前期比14%増となる見込みで、3年連続二桁成長を計画する。血友病B治療薬「イデルビオン」に加え、昨年9月に上市したプロトロンピン複合体製剤「ケイセントラ」や同年12月に上市した血友病Aに対するシングルチェーン製剤「エイフスチラ」が貢献した。モランジュ氏は、「今年はケイセントラとエイフスチラの2剤の売上が通期で計上されることで、日本法人の成長率がグローバルに追いつく」と語る。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録