HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大阪府】ジェネリック薬促進で「協力依頼」‐3エリアでモデル事業実施

2018年7月13日 (金)

 大阪府薬務課は10日、今年度に実施するジェネリック医薬品(GE薬)の安心使用促進に向けた事業方針を明らかにした。府薬剤師会、全国健康保険協会大阪支部(協会けんぽ大阪支部)と連携した「GE薬に関するお知らせ」を送付するほか、府内3地区(門真市、泉南地域など)で、薬局薬剤師によるGE薬使用促進の環境を整備する「モデル事業」を実施していく。

 「お知らせ」については今月9日から、府下3862軒(2017年10月分レセプト請求実績薬局対象)の各薬局管理者に対し、レセプト情報に基づくGE薬使用割合等のデータなどの薬局状況の情報提供を協会けんぽから送付。その内容は、▽各薬局におけるGE薬の調剤状況▽GE薬調剤割合の分布図と各薬局の位置▽薬効分類別のGE薬調剤割合▽GE薬の使用促進に向けた取り組み事例――など。併せて府薬務課長名による通知文も同封し、薬局薬剤師に対し使用促進への協力を求めていく。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録