HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬食審調査会で了承】異常行動の注意喚起を統一‐抗インフル薬の添付文書改訂

2018年7月20日 (金)

 厚生労働省は13日、中外製薬の「タミフル」など抗インフルエンザ薬の添付文書の改訂案を、薬事・食品衛生審議会の安全対策調査会に示し、概ね了承された。タミフルの10代患者への使用差し控えを解除した上で、全ての抗インフルエンザ薬で異常行動に対する注意喚起を「重要な基本的注意」の項に記載し、内容を統一する。8月中をメドに関係団体に通知を発出する予定だ。

 今回の改訂では、タミフルの「警告」の項に記載している10代患者の原則使用差し控えを削除する。その上で、タミフルのみ強い注意喚起を行うと、他の抗インフルエンザ薬は安全と誤解される恐れがあることから、全ての抗インフルエンザ薬で整合性のある注意喚起にすることとし、警告の項の異常行動に対する注意喚起を他の抗インフルエンザ薬と同様に重要な基本的注意の項に記載する。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録