HOME > 無季言 ∨ 

MRもイノベーション

2018年7月27日 (金)

◆MRの減少傾向が止まらない。MR認定センターがまとめた「2018年版MR白書」によると、17年度でMR総数が4年連続減少となった。製薬会社によるMRリソースの最適化が反映された形となった
◆さらに今年度の薬価制度抜本改革により、新薬メーカーによる長期収載品の切り離し等が加速した場合には、MR総数の減少に拍車がかかることが見込まれる
◆4月のGPSP省令改正も、MR総数に影響を与えるかもしれない。医療データベース(DB)を用いた製造販売後調査(PMS)が可能となったことで、PMSの従来の使用成績調査で稼働させていたMR数を見直す可能性もあるからだ
◆とはいえ、DBが発展しても、MRがタイムリーに収集する副作用情報が不要になるとは考えにくい。MR総数は確かに減少したが、17年度の女性MRは増加した。ダイバーシティに富んだ次世代のMRが、ニーズに合った医薬品情報を収集しつつ、新たなMRの役割を創造できるか。イノベーションは創薬にとどまらずMRにこそ求められている。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録