HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東京都】2製品から医薬品成分検出‐試験結果を公表

2018年8月7日 (火)

 東京都は、都内で販売等されている製品の調査・成分検査を行った結果、2製品から医薬品成分である「コウボク」および「ジフェンヒドラミン」が検出、これら製品を薬機法違反とし、製品を販売した都内店舗(品川区内)に対し、販売中止等を指示した。また、製品発送元の所管である横浜市に情報提供すると共に、関係団体へ注意喚起を図るため情報提供した。なお、これまでにこれら製品による健康被害発生の報告は受けていない。

 医薬品成分が検出された製品は、▽magnolia bark 20EX(形状は植物粉末、検出成分はコウボク)▽セイヨウメハジキ(マリファニリャ)(植物粉末、ジフェンヒドラミン)――の二つ。いずれも、人が摂取することを暗示する記載があった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録