HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【旭化成ファーマ】「リコモジュリン」海外第III相、重症敗血症で主要評価未達

2018年8月9日 (木)

 旭化成ファーマは、重症敗血症を対象としたヒトトロンボモデュリン製剤「ART-123」(国内製品名:リコモジュリン)の海外第III相試験「SCARLET試験」について、主要評価項目の「28日後の死亡率」でプラセボ群と比較して統計学的有意差が認められかったとする速報結果を発表した。現在、統計解析を実施している段階で、リコモジュリンの「凝固異常を伴う重症敗血症」に対する有用性の可能性を判断する予定だ。

 SCARLET試験は、凝固異常を伴う重症敗血症患者800人を対象とした国際共同プラセボ対照無作為化二重盲検第III相試験で、日本を除く欧米・アジア・オセアニアなどの地域で実施。対象としている疾患は、国内で承認取得済みの適応症である汎発性血管内血液凝固症(DIC)とは異なっている。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録