HOME > 無季言 ∨ 

桶川市青年会議所の献血活動に注目

2018年8月29日 (水)

◆20日付の本欄にて、埼玉県桶川市の青年会議所の献血活動の基本方針として「勉強」「素直」「プラス思考」の三つを掲げ取り組んだことを紹介したが、具体的な取り組みに触れないままだったので今回、それを紹介したい
◆まずは、献血の重要性に関して徹底的に勉強した。献血血液の保存期間はせいぜい4日程度と短く、献血血液は慢性的に足りない状況であることを知った。そして、「素直」に前年の献血活動のどこが悪く、協力者が減ったのかを考えた
◆その結果、土曜日開催だったために人が集まりにくかったのではないかと、今年は日曜日開催とした。景品はチョコからどら焼きに変更、商店にチラシを配布すると共に、小中学校にもチラシを配布した。ショッピングモールの新聞にも広告を掲載した
◆ここでの焦点は親子連れを対象にしたこと。献血の待ち時間は1時間程度と長く、子供が飽きてしまうため子供を預かるブースを作った。その甲斐あってか前年の50人から今年は95人の協力が得られた。来年は150人と「プラス思考」だ。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

無季言 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録