HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【塩野義製薬】抗肥満薬「S‐2367」、PIIb中間解析で良好な成績

2008年5月15日 (木)

 塩野義製薬は13日、米国で開発中の抗肥満薬「S-2367」のPIIb中間解析で、リデュースカロリーダイエット、低カロリーダイエットの両試験ともに良好な結果を得たと発表した。抗肥満薬は、塩野義製薬が海外進出への足がかりとする重要な薬剤の一つで、PIIbの中間解析結果が注目されていた。

 解析結果を踏まえて、同社では試験の継続を決定。今後、10月までにPIIb試験(1年間)を全て完了し、来年半ばからPIII試験を本格的にスタートする。

 現在、PIII試験の共同開発及び共同販売の相手先企業を探しており、「今後、ライセンス活動を活発化する」(手代木功社長)意向を示している。

 抗肥満薬は、11年に承認申請、13年に上市を予定している。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録