HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【NPhA改定影響度調査】地域支援体制加算、厳しい状況‐かかりつけ指導料は7割が算定

2018年10月18日 (木)

 日本保険薬局協会(NPhA)は、「2018年度調剤報酬改定の影響度に関する調査」の結果を公表した。それによると、新設された「地域支援体制加算」において、調剤基本料1以外の薬局が取得するための8項目の要件については、「かかりつけ薬剤師指導料等」など要件をクリアできた項目がある一方、「外来服薬支援料」や「服用薬剤調整支援料」などは非常に厳しい状況で、バラツキが見られた。

 調査は今年8月27日~9月15日の期間、オンラインウェブ調査として行われた。回答社数は105社(グループ企業を含めると132社)


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録