HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【第1回日病薬フォーラム】「患者のために」の視点を‐「薬剤師職能」でシンポ

2018年11月8日 (木)

 日本病院薬剤師会の第1回Future Pharmacist Forumが都内で開かれた。同フォーラムは、日病薬の活動全般を理解してもらうため、常置委員会の活動をシンポジウム形式にして紹介し、情報共有・討議を行うことを目的に企画された。「薬剤師職能」をテーマとしたシンポジウムでは、「患者のために」という視点を持つことの重要性が示された。

 但馬重俊氏(NTT西日本大阪病院薬剤部長)は、「薬剤師はすべて患者のために行動すべし」との「理念を持つべきと考えている」と強調。

 医薬品欠品時の対応では、患者への「選択肢の提示順が重要になる」とし、同病院では、まずは「患者宅へ持参」、次に「患者宅へ郵送」「服用開始日までに他科受診があれば来院時に受領」「患者自身が不足分のみ来院して受領」という「順番を守ってほしいと常日頃から言っている」ことを紹介した。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録