HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【あすか製薬】山口社長、下期は「産婦人科に集中」‐3製品を連続的に投入

2018年11月30日 (金)

山口社長

山口社長

 あすか製薬の山口隆社長は、28日に都内で開いた決算説明会で、今年度下期の事業方向性について、「産婦人科領域にパワーを集中させていく」との方針を語った。10月以降に三つの新製品の発売・承認取得が続き、現在第III相試験実施中の子宮筋腫治療薬「ウリプリスタル」も含め、思春期、生殖年齢期、更年期、老年期のライフステージにおいて、特に生殖年齢期で新しい製品を投入していく計画だ。

 産婦人科領域では、10月にノーベルファーマとの共同販促で月経困難症治療剤「ジェミーナ配合錠」を発売。日本で初めてレボノルゲストレルを含有する超低用量エストロゲン・プロゲスチン配合剤となっている。さらに12月には、ジェミーナ配合錠と同じ作用機序、同じ適応症であるオーソライズド・ジェネリック「フリウェル配合錠LD、同ULD『あすか』」の発売を予定しており、月経困難症治療剤の選択肢を広げる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報