HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【成形技術セミナーin京都】スティッキング現象の回避目指してディスカッション

2018年12月10日 (月)

 京都成形技術研究会の「第6回成形技術セミナーin京都」が、京都市内で開催され、共同研究結果から得られたスティッキング対策として、「ステアリン酸マグネシウム(滑沢剤・MgSt)の増量」「TOP処理杵の使用」などが報告された。

 打錠障害は長年トラブルが解決できず、製薬業界全体の課題でもあった。こうした中、同研究会は、打錠障害の解決策を見出すことを目的に組織されたもの。打錠障害は起こらないことが一番だが、同会では、起こりそうという時の対応を目標とした共同研究も実施している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

関連キーワードはありません

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録