HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大阪大学病院薬剤部】薬学生をアシスタントで雇用‐未来の薬剤師育成が狙い

2019年1月31日 (木)

 大阪大学病院薬剤部は昨年12月から、薬剤師の業務を補佐する「アシスタントファーマシスト」として薬学生の雇用を開始した。全国的に、病院で働く薬剤師を確保しづらい状況が生まれており、阪大病院も同様の傾向にあるという。薬学生を活用してマンパワー不足を補うと共に、医療現場で働くやりがいや意義を深く知ってもらうことで、将来病院で勤務する薬剤師の育成にもつなげたい考えだ。

 現在、阪大薬学部の5年生3人、近畿大学薬学部の1年生1人が同院薬剤部で働いている。薬学生は、医薬品のピッキングや充填など、調剤行為には該当しない調剤前の準備行為を中心に薬剤師を補佐。授業や研究の都合に応じて午前や午後、夜勤などの時間帯で1人あたり週2回、1日4時間ほど補助業務を担当している。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報