HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和発酵キリン】海外展開で事業構造改革‐協和バイオを1280億円で売却

2019年2月12日 (火)

宮本社長

宮本社長

 協和発酵キリンは、医薬原料・中間体の製造子会社「協和発酵バイオ」の保有株式95%をキリンホールディングスに譲渡し、新薬開発を中心とした医薬事業への選択と集中を図る。4月24日に株式譲渡を行う予定で、事業譲渡益は1280億円となる見込み。宮本昌志社長は、5日に都内で開催した決算説明会で、協和発酵バイオの売却のみならず、希望退職者募集の実施や欧州子会社が統括する北米地域を独立することなど、事業構造改革を行った背景について、「今までのやり方ではなく、グローバルで成長できる構造に作り替えていくことを目的としている。医薬事業に経営資源を集中し、開発パイプラインも拡充していく」と語った。

 同社は、自社創製したグローバル戦略品のくる病治療薬「クリスヴィータ」や血液癌治療薬「ポテリジオ」を欧米で上市する一方、国内では昨年に診断薬子会社「協和メデックス」を日立化成に売却し、事業構造改革を進めてきた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
自社製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録