HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大鵬薬品】自社創製EGFR阻害剤、スピンアウト新会社へ導出

2019年02月12日 (火)

 大鵬薬品は、自社創製の新規EGFRチロシンキナーゼ阻害剤「TAS6417」の日本以外での開発・販売権について、抗癌剤の開発を行う米バイオベンチャー「カリナンオンコロジー」と大鵬のベンチャーキャピタル子会社「大鵬ベンチャーズ」の共同出資で新設した「カリナンパール」に導出した。既存のEGFR阻害剤「イレッサ」の研究開発に携わった人材を持つカリナンオンコロジーの開発ノウハウを活用し、同剤の開発費削減やグローバル開発の効率化を狙う。カリナンパールが年内に第I相試験を開始予定。

 カリナンパールは、「TAS6417」の開発のために新設した会社で、カリナンオンコロジーのプラットフォームを活用し、グローバル開発を進める。今回の提携は、大鵬ベンチャーズ主導の「スピンアウト」の枠組みを利用した新たな取り組みで、外部資源の活用による開発の効率化だけではなく、開発の状況に応じて大鵬がカリナンパールを買い戻す検討も可能となる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報