HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】インフル流行ピーク超え‐患者数は前週比56万人減

2019年2月13日 (水)

 インフルエンザの大流行はピークを超えたようだ。厚生労働省が8日に公表した2019年第5週(1月28~2月3日)のインフルエンザ発生状況によると、定点当たりの報告数は43.24と過去最多となった前週の57.09から減少し、記録的な流行は一段落した格好。先週1週間に定点以外を含む全国の医療機関を受診した患者数は前週より56万人ほど減り、推計約166万9000人となった。

 都道府県別のインフルエンザ発生状況を見ると、定点当たりの報告数は埼玉県が65.68と最も多く、次いで新潟県が62.51、宮城県が58.77、千葉県が56.89、大分県が52.14、石川県が51.73、神奈川県が51.62、福島県が51.39の順で、全ての都道府県で前週の報告数より減少が見られた。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録