HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【鳥居薬品】新中計は厳しい3年間に‐19~21年度は赤字を計画

2019年02月14日 (木)

 鳥居薬品は、2019~21年の3カ年中期経営計画を発表した。国内の厳しい市場環境に加え、米ギリアド・サイエンシズと締結していた抗HIV薬6製品の国内での独占的販売権に関するライセンス契約が終了する影響が大きく、収益の大幅な悪化が避けられないことから、中計期間中の3年間は赤字が続くと想定。赤字に転落すれば、同社では初になると見られる。次期中計初年度となる22年度に黒字転換を目指す。

 前中計は最終年度の18年度に売上高620億円、営業利益80億円を計画していたが、薬価制度の抜本改革による影響を受けながらも、売上高625億円、営業利益90億円と目標を上回った。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報