HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【J-TEC】自家角膜上皮を国内申請‐初の眼科向け再生医療品

2019年03月26日 (火)

 富士フイルム子会社のジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)は、角膜上皮幹細胞疲弊症の治療を目的とした自家培養角膜上皮「EYE-01M」の国内承認申請を行った。眼科領域の再生医療等製品では国内初となる。

 「EYE-01M」は、患者自身の角膜組織の輪部から角膜上皮幹細胞を採取して、シート状に培養したもの。移植することで角膜上皮を再建させ、視力、その他臨床症状(眼痛、異物感、流涙、乾燥症など)を改善させることを目的としている。伊モデナ大学のグラヅエラ・ペレグリニ教授、大阪大学大学院医学系研究科眼科学の西田幸二教授らから角膜培養に関する技術を導入し、国内で開発を進めてきた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報