HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【IQVIA】患者の疾患重症化を予測‐企業向けにサービス投入

2019年03月28日 (木)

IQVIA・松井氏が講演

松井氏

 IQVIAソリューションズジャパンは、米国本社が海外で展開する電子カルテや調剤レセプトなどの多様なリアルワールドデータ(RWD)を解析し、指定した疾患で発症リスクが高い人や患者個々の状況から、その後の重症化を予測できる新たなソリューションを国内製薬企業など法人向けに投入する。RWDコンサルティングシニアプリンシパルの松井信智氏は、このほど都内で講演し、「われわれが収集したデータを用いて社会実装していく」と強調。予防・未病ビジネスに乗り出す製薬企業や保険会社、調剤薬局からも「(新規サービスとして)相談が増加している」と述べ、今後の展開に意欲を示した。

 同社では、RWDを用いた医療関係者向けソリューションについて、医薬品の臨床試験や製造販売後調査などの領域で、エビデンス創出や安全性解析の用途で提供してきた。しかし、RWDソリューションに対する最近の各企業の活用について、医療でのエビデンス構築や業務効率化といった用途から、患者の実生活をどのように支援していくかというモデルに変わってきているという。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報