HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】薬局の後発品割合75%に‐体制加算見直しで上昇

2019年3月29日 (金)

備蓄数も363品目に増加

 厚生労働省は27日、2018年度診療報酬改定の検証調査結果を中央社会保険医療協議会総会に示した。後発品使用促進策の影響については、18年度改定で「後発品使用体制加算」の算定要件を見直し、算定可能となる使用割合の下限を75%以上に引き上げたことなどが影響し、薬局の平均使用割合は6.6ポイント増の74.9%に上昇した。また、使用割合75%以上の薬局は26.3ポイント増の59.2%となった。後発品調剤に対応するため、薬局の備蓄品目数も増えたが、厚労省は「加算要件を厳しくした効果が出た。薬局が頑張ってくれた」と評価した。

 調査は、保険薬局1500施設、診療所1500施設、病院1000施設を対象に昨年10月に実施。有効回答数はそれぞれ744施設(回収率49.6%)、659施設(43.0%)、318施設(31.8%)となった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報