バセドウ病診断試薬を発売 ロシュ・ダイアグノスティックス

2008年6月20日 (金)

 ロシュ・ダイアグノスティックスは16日、バセドウ病診断試薬「エクルーシス試薬TRAb」を新発売した。

 エクルーシス試薬TRAbは、バセドウ病の診断や病態把握に有用な自己抗体のTRAb(抗甲状腺刺激ホルモン受容体抗体)を簡便・迅速に測定できる試薬。第三世代のTRAb測定法として、抗甲状腺刺激ホルモン(TSH)受容体ヒトモノクローナル抗体を使用。より高感度なTRAb測定を可能にした。

 これまでTRAbの測定は、RIA法(放射性同位元素標識免疫測定法)、ELISA法(酵素免疫測定法)で行われていたが、測定に304時間を要するため、医療現場で求められている診療前検査には対応できなかった。

 新発売したエクルーシス試薬TRAbは、ECLIA法(電気化学発光免疫測定法)を採用したことで、27分でTRAbを全自動測定することが可能になった。さらに、放射能の影響を受ける標識TSHを用いないため、抗TSH自己抗体の影響を受けることがない。

 同社は、新たに甲状腺関連の測定項目にバセドウ病を加えたことで、甲状腺専門病院・大学病院・診療所における診療前検査の実現で用途の幅を広げたい考え。5年後に3億円の売上を目標にしている。

 税込み希望販売価格は、100テスト用13万円。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事
薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録