HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【オンコリス】自社創製の癌ウイルス療法、中外への導出を発表

2019年04月12日 (金)

 国内バイオベンチャーのオンコリスバイオファーマは、中外製薬に対し、癌ウイルス療法薬「テロメライシン」の日本と台湾における開発・製造・販売に関する再許諾権付き独占的ライセンス権を導出した。日本と台湾、中国、香港、マカオを除く全世界における開発・製造・販売に関する独占的オプション権も付与する。製薬大手との提携は、2010年に抗HIV薬で米ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)に導出したのに続くもの。先駆け審査指定制度の対象品目に選ばれたテロメライシンだが、中外が今後、国内で開発を進める。

 今回の契約により、オンコリスは、中外から契約一時金として5億5000万円を受け取る。また、テロメライシンの臨床試験で一定の効果が確認され、中外が独占的オプション権を行使した場合には、開発や販売マイルストンを含め、ライセンス契約総額は500億円以上になる見通し。上市後は、中外におけるテロメライシンの売上額に応じた販売ロイヤリティをライセンス契約総額とは別に受け取る。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報