HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【18年度薬学教育評価】第一薬大の総合判定保留‐ストレート卒業率を問題視

2019年4月12日 (金)

 薬学教育評価機構は、2018年度の6年制薬学教育評価を専門分野別に行った結果をまとめた。昨年度の対象となった青森大学、奥羽大学、大阪大谷大学、北里大学、九州大学、金城学院大学、鈴鹿医療科学大学、帝京平成大学、徳島大学、広島大学、北海道大学、武蔵野大学、第一薬科大学の13校のうち、12大学は評価基準に適合と認定されたが、第一薬科大は評価基準の中項目5項目に重大な問題点が認められるとして、総合判定を保留した。ただ、適合と認定された複数の大学にも、薬剤師国家試験対策偏重のカリキュラムの是正を促したほか、薬学共用試験の不合格結果を正規科目に連動させているなどの問題点を指摘。早急に適切な改善措置を講じるよう求めた。認定期間は26年3月31日まで。

演習に不適切な外部模試も

 今回、昨年度の評価対象となった13校の薬学教育プログラムについて評価を行った結果、第一薬科大を除く12校は適合と認定された。第一薬科大は、中項目5項目に重大な問題点が認められるとして、総合判定が保留となり、再評価を受けることになった。


[ 記事全文 ]

 * 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報