HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

患者の過半数が「医療費は高い」‐GE薬志向は2割

2006年4月5日 (水)

 支払う医療費を少しでも減らそうと、ジェネリック医薬品の使用を考える患者が2割程度に達することが、多摩大学医療リスクマネジメントセンターの真野俊樹教授らが行った「患者満足度と患者のコスト意識調査」の概要で分かった。医療費が高いと感じている患者は過半数に上った。

 この調査は、昨年11月から今年2月にかけ、公的・公立の14病院で3398名の患者に実施したもの。

 支払っている医療費の自己負担としては、毎月5000円以上の患者が約4割を占め、その額が「高い」と感じている患者は54%と過半数を超えていた。なお、適切と答えた患者は4分の1であった。

 医療費を減らすために、「病院を変更する・行く回数を減らす」という受診抑制を考えている患者が多くみられ、「後発品に変更してもらうように医師や薬剤師に相談する」など、ジェネリック医薬品を使用したいという患者も2割程度あった。また、「ビタミン剤などのサプリメント・健康補助食品・市販薬の購入を減らす」といった対応をとる患者も多かった。

 さらに、ジェネリック医薬品をよく知っている患者では、ジェネリック医薬品を「処方して欲しい」が7割近く、聞いたことがあるという患者でも「処方して欲しい」は4割近くに上った。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
おすすめ情報
‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
ウェブ広告掲載について

薬事日報ウェブサイトに広告を出稿してみませんか?

Twitter & RSS

記事の更新情報の取得には、TwitterとRSSが便利です!(RSSとは

薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
オレンジブック保険薬局版
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報
出版目録