HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【武田薬品】大阪にリュープリン製造棟‐110億円投資し生産力強化

2019年06月03日 (月)

クリストフ・ウェバー社長

クリストフ・ウェバー社長

 武田薬品は、抗癌剤「リュープリン」の製造施設を大阪工場に新設する。設備投資額は約110億円で8月に着工し、来年8月に工事を完了する予定。既に後発品が発売されているものの、注射回数が少なくて済むキット製剤の優位性を見込んで生産能力を強化した。ロボット技術や人工知能(AI)を導入し、品質管理や生産効率を発展させる。

 新製造棟は4階建てで建築面積は2900m2。21年度内に稼働を開始する予定。製造施設には、アイソレーター設備を導入して高度な無菌環境を整備する。ロボット技術を導入するなどオートメーション化を進めて、製造工程の中で人が介入する部分を減らす。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報