HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【厚労省】40年視野に社会保障政策‐遠隔服薬指導の充実など

2019年06月03日 (月)

2040年を展望した社会保障・働き方改革本部

 厚生労働省の「2040年を展望した社会保障・働き方改革本部」は5月29日、現役世代が減少する40年を見据え、国民が長く元気に活躍できるよう、行政が取り組むべき施策をまとめた。服薬指導を含めたオンライン医療の充実や、日常生活に制限のない期間を指す健康寿命を男女ともに75歳以上に引き上げることなどを盛り込んだ。今夏の骨太方針、未来投資戦略に盛り込むほか、制度改正や概算要求にも反映させたい考えだ。

 同本部では、40年の日本において高齢者人口の伸びが落ち着く一方、現役世代が減少すると予測。そのため、国民が長く元気に活躍でき、全世代型社会保障を構築することを目標に、昨年10月から厚労省の各部局が連携して課題を検討し、取り組むべき施策としてまとめた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報