HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【キュア・アップ】治療用アプリを初申請‐20年に薬事承認目指す

2019年06月03日 (月)

佐竹晃太社長

佐竹晃太社長

 キュア・アップは、ニコチン依存症を対象とした治療用アプリの国内第III相試験で、対象アプリ群に対して治療用アプリ群が9~24週の継続禁煙率で有意差を示し、主要評価項目を達成したと発表した。既に治療用アプリの国内申請を済ませており、2020年3月に医療機器として薬事承認を目指す。承認されれば国内初の治療アプリになるという。

 ニコチン依存症治療用アプリは、患者がスマートフォンを通じて入力したその日の気分や治療経過、IoTデバイスで測定された呼気CO濃度など様々なデータを解析処理した上で、個別化された治療ガイダンスをリアルタイムで自動配信することで患者の行動変容を促し、治療効果を発揮するもの。14年の薬事法改正で治療用アプリが医療機器として承認対象に加わった。同社では16年に単群介入試験を行い、17年10月から昨年12月までランダム化比較試験として第III相試験を実施した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報