HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【メディデータ】電子患者日誌を訴求‐山本社長「癌領域治験で活用増やす」

2019年06月20日 (木)

山本社長

 メディデータ・ソリューションズは、患者がスマートフォンを通じて健康状態を直接報告する「ePRO」(電子患者日誌)について、国内治験での普及を目指す。これまで国内29試験で自社のePROを提供してきた実績があるが、今後は活用する疾患領域を拡大し、在宅からでも治験参加が可能な「バーチャル治験」の足がかりにしたい考えだ。山本武社長は13日に都内で記者会見し、「日本では普及が進んでいない癌領域でePROの活用を提案していきたい」と語った。

 同社は、米国を本社とする製薬企業向け治験ITシステム大手で、今年で設立20周年を迎える。国内でもインターネット経由で医療機関から治験データを収集するEDCシステム「Rave」ではトップシェアを誇る。Raveをはじめ様々な治験関連ソリューションを統合した治験プラットフォームを製薬企業に提供し、治験の電子化・自動化を推進してきた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報