HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【鳥居薬品】松田社長「新薬投入で赤字脱却目指す」‐有望品発掘で巻き返しへ

2019年06月20日 (木)

松田社長

 3月に鳥居薬品の新社長に就任した松田剛一氏は、本紙のインタビューに応じ、中期経営計画期間で赤字を想定する2019~21年の3年間について、親会社の日本たばこ産業(JT)の開発パイプライン3品目を国内市場に投入し、次期中計での黒字化を目指す考えを明らかにした。また、新製品の価値最大化に加え、外部からの後期開発品の導入候補を積極的に導入していく方針を打ち出し、有望な開発品を発掘する専門組織を設置。開発パイプラインを強化していく意向も示した。

 鳥居の今中計では、国内の厳しい市場環境に加え、米ギリアド・サイエンシズと締結していた抗HIV薬6製品の国内独占販売権に関するライセンス契約が終了する影響が大きく、収益の大幅な悪化から赤字が続くと予想。事業構造改革の一環として、従業員を約1200人から800人に縮小する人員削減も計画している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報