HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【18日付の承認新薬】国内初のRNA干渉薬登場‐世界初の個別化治療薬も

2019年06月24日 (月)

 厚生労働省が18日に承認した新医薬品では、アルナイラム・ジャパンの第1号製品で、国内初のRNA干渉治療薬「オンパットロ点滴静注」が登場した。また、世界初のNTRK融合遺伝子陽性固形癌で承認を取得した「ロズリートレクカプセル」は、癌種横断的に投与可能な個別化治療薬となっており、癌ゲノム医療が進展する中で注目の新薬になりそうだ。

オンパットロ点滴静注‐アルナイラム・ジャパン

 「オンパットロ点滴静注」(一般名:パチシランナトリウム)は、トランスサイレチン(TTR)型家族性アミロイドポリニューロパチーの適応症で承認を取得した国内初のRNA干渉(RNAi)治療薬。同社にとって国内第1号製品となる。

 同疾患の原因となるTTRのメッセンジャーRNAを標的にすることで、TTR蛋白質が作られる前にその産生を阻害するよう設計されている。TTRの蓄積が減少することで、同疾患の改善や進行を遅らせることができる。日本はポルトガル、スウェーデンに次ぐ同疾患の患者集積地となっている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報