HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【富士フイルム】他家CAR-Tで新会社‐独バイエルも参画

2019年07月09日 (火)

 富士フイルム米子会社「フジフイルム・セルラー・ダイナミクス」(FCDI)は、米ベンチャーキャピタル「バーサント・ベンチャー・マネージメント」と協業で、他家iPS細胞由来のCAR-T細胞を用いた癌免疫治療薬の開発を目的とした新会社「センチュリー・セラピューティクス」を設立したと発表した。癌免疫治療薬の開発に当たっては、独製薬大手のバイエルも参画し、3社で2億5000万ドル(約260億円)を開発費用として拠出する。

 米国では患者自身の自家CAR-T細胞を用いた癌免疫治療薬が2剤承認されているが、他家CAR-T細胞を用いた治療薬はまだ承認されていない。FCDIが開発中の他家iPS由来CAR-T細胞を用いた癌免疫治療薬は、他家iPS細胞を大量培養し、分化・誘導したT細胞を活用するため、均一な品質と製造コストの低減が期待されている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報