HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【京都府薬】「総合戦略会議」を新設‐河上会長「各委員会のアウトカム明確化」

2019年07月17日 (水)

河上会長

 京都府薬剤師会の新会長に就任した河上英治氏は、本紙の取材に対し、今年度から会運営のトップマネジメントの協議機関として、総合的・中長期的視点に立った会務推進の方向性、経営的視点からの資源配分などを議論する「総合戦略会議」を新設したことを明らかにした。各委員会活動内容のチェックも含め3カ月に1回程度開催する計画で、「会議設置によりPDCAサイクルで効率的な会務運用を行いたい」との考えを示した。

 総合戦略会議には、常務理事会メンバー、各委員会委員長のほか、外部委員として赤池昭紀氏(京都大学名誉教授)が参加する。戦略会議では、最重要事項として四つのプロジェクトを設置。具体的には、▽医薬品医療機器等法改正への対応▽健康サポート薬局の推進▽会館問題の解消(会館敷地の買い取りや転居を含め2年間をメドに方向性決定)▽会員数増加、収益事業の実施など会運営の健全化に向けた取り組み――を協議していく。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報