HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【アストラゼネカ】進行癌にBRCA変異多く‐卵巣癌患者の調査結果で

2019年07月18日 (木)

 アストラゼネカは、国内の医療施設を対象に卵巣癌患者のBRCA1/2遺伝子変異の保有率に関する日本初の大規模調査「CHARLOTTE」を実施し、調査結果を発表した。卵巣癌患者のBRCA遺伝子変異陽性の割合は14.7%となり、その中でも進行卵巣癌は24.1%と早期卵巣癌の4.9%に比べ、高い保有率となった。今後、婦人科領域の癌ゲノム医療の推進に活用していく。

 同調査は、国内で新規に診断を受けた上皮性卵巣癌、原発性腹膜癌、卵巣癌のBRCA遺伝子変異の保有率を把握することを目的に、2016年12月~18年6月の期間に登録された患者666人のうち、BRCA遺伝子検査を実施した634人を対象に調査した。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報