HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬事日報調査】1億円以上の役員報酬が増加‐新たに小野薬品・相良社長ら

2019年07月26日 (金)

CROからも1億円プレイヤー

 薬業界における2019年3月期決算等の上場企業で1億円以上の報酬を得ている役員は、製薬企業・調剤薬局・ドラッグストアなどで48人に上ることが本紙の調べで分かった。前年度の42人から増加し、新たに小野薬品の相良暁社長らが1億円プレイヤーに名を連ねた。国内製薬企業ではエーザイが最多の6人、武田薬品は3人が1億円以上の報酬を得ていた。最も多額の報酬を得ていたのは、武田薬品のクリストフ・ウェバー社長で17億5800万円。注目すべきは、開発業務受託機関(CRO)大手のトップが初めて1億円を突破したことで、イーピーエスホールディングスの厳浩代表取締役が1億0800万円、シミックホールディングスの中村和男代表取締役が1億円と、CROの急成長ぶりが報酬にも表れた格好と言えそうだ。

 本紙の調べによると、トップのクリストフ・ウェバー氏は前年からさらに5億4100万円増加し、17億円を超える高水準となった。次いで多額の報酬を得ていたのが同社のアンドリュー・プランプ氏の7億9500万円で前年から2億5900万円増え、武田の外国人役員がトップ2を占めた。調剤薬局チェーンの日本調剤の三津原博前社長は総額7億2600万円と、前年から9400万円減らした。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報