HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【聖マリ医大・増原氏が講演】地域フォーミュラリーが重要‐「薬剤師は薬物治療に責任を」

2019年07月29日 (月)

増原慶壮氏

増原慶壮氏

 聖マリアンナ医科大学客員教授の増原慶壮氏(日本調剤取締役)は21日、大阪府八尾市主催の薬剤師研修会で講演し、薬物治療に責任を持つ薬剤師となるため、「フォーミュラリー」の積極的な取り組みを呼びかけた。増原氏は、欧米の現状や聖マリアンナ医大病院での導入事例のほか、国内で進行中のフォーミュラリーの取り組みについて紹介。「英国ではフォーミュラリーの作成、管理などを検討する関連委員会で、薬剤師はなくてはならない存在になっている」と強調し、日本での薬剤師の活動に期待感を示した。

 増原氏は、国内におけるフォーミュラリーの現状をめぐって、基幹病院の院内フォーミュラリーが先行していることを挙げ、「DPC対象病院での院内フォーミュラリーは、包括払い方式のため病院の収益は増えるが、患者、保険者、国の医療費は変わらず、薬剤費の削減は部分的」と指摘。削減効果が大きい出来高払いの外来処方薬への導入に向け、地域の医療機関や薬局で連携する地域フォーミュラリーを展開していく必要性を訴えた。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報