HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【協和キリン】ネスプAGを5日発売‐国内初のバイオAG投入

2019年08月02日 (金)

 協和キリンは7月29日、子会社「協和キリンフロンティア」が、持続型赤血球造血刺激因子製剤「ダルベポエチンアルファ注シリンジ『KKF』」(先発品名:ネスプ)を5日に発売すると発表した。同剤は、協和キリンの主力製品であるネスプのオーソライズド・ジェネリック(AG)であり、国内初のバイオ後続品のAGとなる。

 ネスプは、2007年7月に発売して以降、協和キリンの成長ドライバーを担ってきたが、今年直面する特許切れとバイオ後続品参入の対応策としてネスプAGの事業化を決定。17年に同剤の承認取得を目的とした「協和キリンフロンティア」を設立し、昨年8月に承認を取得した。昨年のネスプ単独の売上は537億円であり、ネスプAGと合算した今年の売上予想は、484億円と見込んでいる。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報