HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【薬卸連】営業利益率1%台へ回復‐3年ぶり水準、指針遵守で

2019年08月20日 (火)

 日本医薬品卸売業連合会(薬卸連)は8日、2019年4月現在の卸経営概況(速報値)を公表した。それによると、売上高の伸び率は0.48%、売上総利益率6.89%、販管費率5.77%、営業利益率1.12%、経常利益率1.58%となっている。営業利益率が3年ぶりに1%台に回復したが、薬卸連は「流通改善ガイドラインを遵守して価格交渉に取り組んだことや、販管費、特に人件費の圧縮や頻回配送の削減などの効率化を進めたことが要因」と分析した。

 今回のアンケートは、調査票を発送した薬卸連会員71社(前年比1社減)のうち、回答した53社(回答率74.64%)の結果である。事業所数は1417、従業員数は5万4200人で内勤60.73%、外勤39.27%であった。

 売上実績を見ると、年間総売上高は10兆1082億6300万円、年間医薬品売上高9兆0914億600万円、年間医家向け売上高8兆6186億2600万円、1社当たりの月商は158億9300万円であった。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報