【新製品】ハーセプチン後続品‐先発品と同適応で発売 ファイザー

2019年08月26日 (月)

 ファイザーは、抗HER2抗体「ハーセプチン」のバイオ後続品「トラスツズマブBS点滴静注用60mg『ファイザー』」、「同150mg『ファイザー』」を新発売した。HER2過剰発現が確認された乳癌と、HER2過剰発現が確認された治癒切除不能な進行・再発の胃癌の適応で、先発品と同一の効能・効果、用法・用量での使用が可能となる。同社にとって2剤目のバイオ後続品であり、癌領域では初となる。

 同社は、昨年12月に同社初のBSである抗TNFα抗体「インフリキシマブBS点滴静注100mg『ファイザー』」を発売しており、今年6月には、3剤目となる「ベバシズマブBS点滴静注用100mg『ファイザー』」、「同400mg『ファイザー』」の承認を取得している。




‐AD‐
関連キーワードで記事検索

新薬・新製品情報 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報