HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【コーディア】自社抗癌剤が臨床入り‐ATLLで来年PI開始

2019年09月02日 (月)

 武田薬品からスピンアウトしたバイオベンチャー「コーディア・セラピューティクス」は、自社創製したMALT1阻害薬について、来年にも成人T細胞白血病リンパ腫(ATLL)を対象に国内第I相試験を開始する。動物実験ではATLL治療薬である「ポテリジオ」(一般名:モガムリズマブ)耐性モデルにも有効性を示しており、自社開発を進め承認申請を狙う。びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫(DLBCL)に対しても有効性が示唆される研究成果が得られており、DLBCLでも開発を進める。

 コーディアは、武田薬品癌創薬ユニットの湘南サイトヘッドであった三宅洋氏ら研究者6人で武田の湘南ヘルスイノベーションパーク内に設立したスピンアウトベンチャー。武田から複数の低分子抗癌剤の開発品を引き続き、研究開発を進めている。現在、第I相試験を実施しているCLK阻害剤「CTX-712」やMALT1阻害薬など四つの開発パイプラインを保有している。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報