HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【大鵬/大日本住友/EAファーマ】製薬3社がファンド出資‐ベンチャーに関与強化へ

2019年09月03日 (火)

 大鵬薬品、大日本住友製薬、EAファーマは、2014年設立のベンチャーファンド「レミジェス・バイオファーマ・ファンド」の第2号ファンドとして、6月に新設された「レミジェス・バイオファーマ・ファンドII」に出資すると発表した。出資額は、大鵬が3000万ドル、大日本住友が2500万ドル、EAファーマが1000万ドルとなる。創薬シーズを持つベンチャーに関する効率的な情報収集やネットワーク構築を狙う。

 同ファンドは、東京と米国マサチューセッツに活動拠点を置くクロスボーダー型ベンチャーキャピタル「レミジェス・ベンチャーズ」が設立したもの。14年に設立した1回目のファンドは投資分野を「医薬品の研究開発などのライフサイエンス分野」としていたが、今回は「シード・アーリーステージの医薬品および医療機器」と、1回目に比べてより具体的な内容となっている。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報