HOME > HEADLINE NEWS ∨ 

【東京工業大】AIが血中蛋白質解析‐産学共同の研究拠点開設

2019年11月26日 (火)

林宣宏准教授

林宣宏准教授

 東京工業大学は、林宣宏准教授が開発した血中蛋白質解析技術「AIプロテオミクス」の実用化に向け、ベンチャー企業のアイウェルと共同で、産学連携を推進する研究拠点「アイウェルAIプロテオミクス協働研究拠点」を立ち上げた。AIプロテオミクスは、血中蛋白質の状態を人工知能(AI)が解析し、健康状態を把握することで、病気や怪我の早期予測につなげるもの。健康に関わる様々な業種との連携を通じた社会実装を目指し、製薬企業向けの創薬や早期診断も支援していく。

 AIプロテオミクスは、生体にある血中蛋白質の網羅的解析を行い、疾患の罹患前後で起こる変化をAIが解釈し、特定の蛋白質の集合体で変化があればバイオマーカー候補とする技術である。病気や怪我の予兆を早期に見出すことで、早期診断や創薬支援ツールにも応用していく。


[ 記事全文 ]

* 全文閲覧には、薬事日報 電子版への申込みが必要です。



‐AD‐
関連キーワードで記事検索

HEADLINE NEWS 新着記事

薬剤師 求人・薬剤師 転職・薬剤師 募集はグッピー
アカウント / RSS
RSSRSS
おすすめ情報‐AD‐
検索
年月別 全記事一覧
新着記事
薬学生向け情報
製品・サービス
薬事日報 NEWSmart
「剤形写真」「患者服薬指導説明文」データライセンス販売
FINE PHOTO DI/FINE PHOTO DI PLUS
新聞速効活用術
お知らせ
書籍・電子メディア
書籍 訂正・追加情報